JAWS DAYS2019に参加してきました。

JAWS DAYS 2019 参加振り返りです。

2019/2/23 JAWS 生誕9周年のこの日、JAWS DAYS2019が開催されました。長村は個人スポンサーやスタッフ(Alexaハンズオンメンター)、サークル参加セッション登壇となにやら色々やっておりました。

と、こんなふうにロールをいくつも掛け持ちしていたため、他の方のセッションをあまり見ることができなかったのですが、やはり、こういったイベントは楽しいですね。その裏には、実行委員会の皆様はじめ、ボランティアスタッフ各位の活躍があるのだなと改めて感謝してやみません。

Developers Summit2019に登壇した際、わたしが口走った「アウトプットしないのは知的な便秘」と言うフレーズは、このJAWS DAYS2019の実行委員長である吉江さんがよく使われるもので、わたしも気に入って使っています。もともとはssmjpという勉強会発祥の言葉だそうです。勉強してインプットしたら今度はそれをアウトプットしないとふんづまって、自分の中での消化/昇華もできないため、良くないよねということをよく表しているなぁと感じています。

わたしも常日頃いろんなイベントなどでアウトプットは楽しいよ。いいよ、書こうよ?ってお話をしています。アウトプットすることって実は、自分にもメリットがたくさんありますし、なんとアウトプットするためにはさらなるインプットが行われるので自己学習に最適なんです。

みなさんもぜひ、アウトプットしていきましょう!

では、各ロールの振り返りをしていきます。

スタッフ(Alexaハンズオンメンター)

サークル参加の準備で1コマは不参加になってしまい、後半のコマでの参戦となりました。re:Inventのハンズオン形式(平たく言えばもくもく会形式)で行われ、割と静かな感じで進んでいました。日本人はあまり挙手しないというか質問をなかなかしないので、迷ってそうな人を見つけに行く感じでした。トラブルとしては、Amazon Developerアカウントのトラップ(amazon.co.jpアカウントにしたいのにamazon.comアカウントとなり、国内モードのAlexaアプリやAlexaデバイスと連携できない)に出会ってしまう方もいたため、なんとかならんかなーって感じでした。わたしも昔踏み抜いていましたし。

サークル参加

JAWS DAYSでは初の試みである、AWS関連の技術同人誌即売会(頒布会)が開かれ、「ひろ亭」スペースを構えて皆様をお待ちしておりました。今回は以下の本をお持ちしておりました。

  • [既刊]スマートスピーカーを遊びたおす本
  • [既刊]むつきくんと学ぶAWS CLI
  • [新刊]長村ひろの出張日誌〜re:Invent2018編〜

「むつきくん〜」と「出張日誌」は技術書典6にも持ち込む予定ですので興味ある方は是非どうぞ。出張日誌はBOOTHで電子書籍版を頒布中です。こちらもよかったらぜひ。

️セッション登壇

[AWS本] 我々はこうして「AWS本」を書いた! 〜十人十色〜」というセッションにスピーカーとして参加してきました。タイトルの通り、商業誌・同人誌問わずにAWSに関係する書籍の著者によるセッションでした。長村は、Alexa関係も記載のある商業誌「子どもと育てるスマートスピーカー」とAWS CLIをテーマにした同人誌「むつきくんと学ぶAWS CLI」のハイブリッド著者として登壇しました。 普段のLT登壇とはまた違った内容で面白かったです。

️個人スポンサー

これは、まあ、記念ですね。来年以降も可能なら申し込みます。