[Advent calendar2019]エンジニアの登壇を応援する会1日目

エンジニアの登壇を応援する会の2019年のアドベントカレンダー記事です。テーマは「今年行ったアウトプットによる自身の成長を振り返る」です。

こんにちは。ひろ亭の長村ひろです。

この記事は、「エンジニアの登壇を応援する会の2019年のアドベントカレンダーの1日目の記事です。わたしは現在、アメリカ合衆国ネバダ州に出張できています。時差の関係で若干のズレはご容赦ください。

というわけで、今年行ったアウトプットによる自身の成長を振り返ってみます。

一言で表現するなら、「有名になってしまったが故の切磋琢磨がはんぱない」です。

ご存知かもしれませんが、長村ひろの中の人つまり本体が、AWSさんから APN Ambassadorに選んでいただきました。そのため、いくところいくところで「あ!Ambassadorの人だ!」とか「AWSのすごいひとだ!」と言われることが増え、私自身が感じている以上にお褒めいただいている状況になっています。

なので、できる限り「お褒めいただいているのを裏切らない」ように、「拍子抜けにならない」ように、「期待外れにならない」ように、さらに、「その重圧にわたし自身が潰れない」ようにやっていきな日々でした。

振り返ってみると、2月のデブサミ登壇、それと合わせてのAWS認定5冠達成からの、現在では7冠達成に。並行して、本ブログをnetlifyで立ち上げて、今まではインフラやせーぜーLambdaくらいだったのをもう少しフロント寄りにも手を出せるように勉強を始めてみたりと、手を替え品を替えな感じでインプットとアウトプットをグルグルと回してきた状況です。

私自身、自己肯定感が欠如しているというか人よりも低いけど、まあ、それなりにやれたかなとは思えています。まだまだ足りないし、頑張らないとなって思ってはいますが、いろいろやれたかなと。来年もこんな調子でやってきたものを強化して、やってきてないものをはじめたりと挑戦をし続けてみようかと思います。

それでは。